交通事故の罰則・行政処分 | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方
交通事故の罰則・行政処分 | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方

交通事故の罰則・行政処分

交通事故を起こすと、人身事故や事故当時の違反状況によって、免許の違反点数加点や罰金などの行政処分が課されます。
行政処分による罰金は、大型車、普通車(軽含む)、二輪車、原付、小型特殊で異なります。

ここでは普通車の行政処分の罰則をまとめました。

その他の車両でも、違反点数は原則普通車と同じです。

交通事故・違反の行政処分・罰則一覧

行政処分は主に人身事故を起こした場合と、交通違反を犯した場合の2種類があります。
それぞれ詳しく紹介します。
なお、交通違反の一覧は全てではありません。主要な交通違反についてまとめました。

人身事故の行政処分・罰則

人身事故の行政処分・罰則は、「安全運転義務違反の基礎点数2点」に加えて、事故の種類ごとに次の罰則があります。

事故 罰則
死亡事故(一方的過失) 付加点数20点(一発免許取消)
死亡事故(相手にも過失があった場合) 付加点数13点(免停90日以上)
全治3ヶ月以上もしくは後遺障害が残る重症事故(一方的過失)  付加点数13点(免停90日以上)
全治3ヶ月以上もしくは後遺障害が残る重症事故(相手にも過失があった場合)  付加点数9点(免停60日以上)
全治30日以上3ヶ月未満の重症事故(一方的過失)  付加点数9点(免停60日以上)
全治30日以上3ヶ月未満の重症事故(相手にも過失があった場合)   付加点数6点(免停30日以上)
全治15日以上30日未満の軽傷事故(一方的過失) 付加点数6点(免停30日以上)
全治15日以上30日未満の軽傷事故(相手にも過失があった場合)  付加点数4点
全治15日未満の軽傷事故および建造物損壊事故(一方的過失) 付加点数3点
全治15日未満の軽傷事故および建造物損壊事故(相手にも過失があった場合) 付加点数2点
人身事故は行政処分による罰金は原則なし

人身事故の場合、交通反則通告制度(違反切符制度)が適用になりません。
起訴された場合は、刑事責任を問われ、状況によって罰金や科料の刑事罰が下ります。

軽傷の事故で被害者と示談が成立するなど、不起訴に終われば、免許の違反点数の加点はあっても罰金(反則金)は発生しません。

交通違反の行政処分・罰則(普通車)

速度超過
超過速度 罰金
高速道路40km以上/一般道路30km以上 刑事責任
高速道路35km以上40km未満 3万5千円
高速道路30km以上35km未満 2万5千円
25km以上30km未満 1万8千円
20km以上25km未満 1万5千円
15km以上20km未満 1万2千円
15km未満 9千円
超過速度 違反点数
50km以上 12点
30km以上(高速40km以上50km未満) 6点
25km以上30km未満(高速40km未満) 3点
20km以上25km未満 2点
20km未満 1点
積載物重量制限超過
積載物重量制限超過 ※大型車は違反点数が異なる 罰則
10割以上 罰金3万5千円/違反点数3点
5割以上10割未満 罰金3万円/違反点数2点
5割未満 罰金2万5千円/違反点数1点
その他の違反と罰則
違反 罰則
信号無視 罰金9千円(点滅信号7千円)/違反点数2点
整備不良制動装置等違反 罰金9千円/違反点数2点
整備不良尾灯等違反 罰金7千円/違反点数1点
遮断踏切立入違反 罰金1万2千円/違反点数2点
通行区分違反 罰金9千円/違反点数2点
高速自動車国道等車間距離不保持違反 罰金9千円/違反点数2点
追い越し違反 罰金9千円/違反点数2点
踏切不停止等違反 罰金9千円/違反点数2点
交差点安全進行義務違反 罰金9千円/違反点数2点
横断歩行者等妨害違反 罰金9千円/違反点数2点
安全運転義務違反 罰金9千円/違反点数2点
携帯電話使用等違反(交通の危険) 罰金9千円/違反点数2点
本線車道横断等禁止違反 罰金9千円/違反点数2点
高速自動車国道等運転者遵守事項違反 罰金9千円/違反点数2点
法定横断等禁止違反 罰金7千円/違反点数2点
路面電車後方不停止違反 罰金7千円/違反点数2点
通行禁止違反・徐行場所違反 罰金7千円/違反点数2点
歩行者用道路徐行違反 罰金7千円/違反点数2点
歩行者側方安全間隔不保持等違反 罰金7千円/違反点数2点
急ブレーキ禁止違反 罰金7千円/違反点数2点
優先道路通行妨害等違反 罰金7千円/違反点数2点
指定場所一時不停止等違反 罰金7千円/違反点数2点
積載物大きさ制限超過違反 罰金7千円/違反点数2点
積載方法制限超過違反 罰金7千円/違反点数2点
幼児等通行妨害違反 罰金7千円/違反点数2点
安全地帯徐行違反 罰金7千円/違反点数2点
免許条件違反 罰金7千円/違反点数2点
放置駐車違反(駐停車禁止場所等) 罰金2万円(1万8千円)/違反点数3点
放置駐車違反(駐車禁止場所等) 罰金1万7千円(1万5千円)/違反点数2点
駐停車違反(駐停車禁止場所等) 罰金1万4千円(1万2千円)/違反点数2点
駐停車違反(駐車禁止場所等) 罰金1万2千円(1万円)/違反点数1点
通行帯違反 罰金6千円/違反点数1点
路線バス等優先通行違反 罰金6千円/違反点数1点
道路外出右左折合図車妨害違反 罰金6千円/違反点数1点
指定横断等禁止違反 罰金6千円/違反点数1点
車間距離不保持違反 罰金6千円/違反点数1点(高速道路2点)
進路変更禁止違反 罰金6千円/違反点数1点
追いつかれた車両の義務違反 罰金6千円/違反点数1点
乗合自動車発進妨害違反 罰金6千円/違反点数1点
割り込み等違反 罰金6千円/違反点数1点
交差店右左折合図車妨害違反 罰金6千円/違反点数1点
指定通行区分違反 罰金6千円/違反点数1点
交差点優先車妨害違反 罰金6千円/違反点数1点
無灯火 罰金6千円/違反点数1点
緊急車妨害等違反 罰金6千円/違反点数1点
減光等義務違反 罰金6千円/違反点数1点
合図不履行・合図制限違反 罰金6千円/違反点数1点
警音器吹鳴義務違反 罰金6千円/違反点数1点
乗車積載方法違反 罰金6千円/違反点数1点
定員外乗車違反 罰金6千円/違反点数1点
牽引違反 罰金6千円/違反点数1点
泥はね運転違反 罰金6千円/違反点数なし
転落等防止措置義務違反 罰金6千円/違反点数1点
転落積載物等危険防止措置義務違反 罰金6千円/違反点数1点
安全不確認ドア開放等違反 罰金6千円/違反点数1点
停止措置義務違反 罰金6千円/違反点数1点
騒音運転等違反 罰金6千円/違反点数2点
初心運転者等保護義務違反 罰金6千円/違反点数1点
公安委員会遵守事項違反 罰金6千円/違反点数なし
交差点等進入禁止違反 罰金6千円/違反点数1点
消音器不備違反 罰金6千円/違反点数2点
携帯電話の使用等(保持)禁止違反 罰金6千円/違反点数1点
最低速度違反 罰金6千円/違反点数1点
本線車道通行車妨害違反 罰金6千円/違反点数1点
本線車道緊急車妨害違反 罰金6千円/違反点数1点
故障車両表示義務違反 罰金6千円/違反点数1点
仮免許運転標識表示義務違反 罰金6千円/違反点数1点
通行許可条件違反 罰金4千円/違反点数1点
道路外出右左折方法違反 罰金4千円/違反点数1点
交差店右左折方法違反 罰金4千円/違反点数1点
初心者運転者標識表示義務違反 罰金4千円/違反点数1点
本線車道出入方法違反 罰金4千円/違反点数1点
警音器使用制限違反 罰金3千円/違反点数なし
免許不携帯 罰金3千円/違反点数なし

物損事故のみは行政処分なし

事故を起こしても、物損のみで被害者の怪我(人身事故)はなく、交通違反によるものではない場合は、違反点数0点、罰金なしで、行政処分は一切ありません。

事故を起こして、警察を呼んで事故処理や現場検証が行われても、物損事故のみであれば行政処分はありません。

行政処分がなければ免許証にキズも付かないので、警察によって事故として処理されても、その他の事故や違反がなければゴールド免許の条件を満たせます。

自動車保険を安くした方法

自動車保険を安くする方法を探していたところ、保険スクエアbang!の「自動車保険の無料一括見積り」を知りました。

私が利用したところ、この一括見積りサービスでは、車や自分の情報を入力するだけで(数分の入力作業)、最大19社から保険の見積りを取得することができます。もちろん無料です。

私もこのサービスを利用して、年間6.5万円の保険料を3.2万円にと、なんと3.3万円安くすることができました

>>自動車保険の一括見積もり

車を高く売る方法

車を売るときは、高く買い取ってくれる買取業者を探す事が必要です。

車の査定額は、買取業者によって数万円〜数十万円違ってくるので、できるだけ複数社から査定してもらう事が重要です。これを簡単に行えるのが「車の一括査定」です。

特に「車査定比較.com」がオススメ!
>>車を売るときの一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページの先頭へ