朝日火災海上保険の評判・特徴 を独自に評価。 | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方
朝日火災海上保険の評判・特徴 を独自に評価。 | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方

朝日火災海上保険の評判・特徴 を独自に評価。

朝日火災海上保険は、1951年に野村證券・大和銀行(現りそな銀行)・第一銀行(現みずほ銀行)などをはじめとした有力各社によって発起された損保会社で、現在は野村ホールディングスの連結子会社となっています。

現在は拠点数は9となっていて広告を出す事もなく中小規模の損害保険会社です。経営方針も大手損保とは違ったニッチな市場を開拓していくように進めています。

朝日火災海上保険の自動車保険を独自に評価

サービスプラン充実度 ★★★★☆
会社信頼度 ★★★☆☆
事故対応力 ★★★☆☆
示談交渉力 ★★★★★
保険支払い能力 ★★★★★
保険料金の安さ ★★★☆☆
総合評価 ★★★☆☆
サービスプラン充実度

対物超過・車両新価・長期分割など代理店型の一般的な補償プランは揃っています。
車両地震特約・個人賠償補償特約といった最近注目されている特約も抑えてありますがサービスプラン自体は個性が少ない。セオリーどおりの内容といってよいでしょう。

会社信頼度

母体が大きく、ソルベンシー・マージン比率も悪くないです。
これだけ損保会社の合併が進む中、独自路線を貫いています。会社の規模を考えるといつ、他の損保に吸収合併されてもおかしくないという不安材料があります。

事故対応力

小規模ですので対応が遅いというクレームは度々あります。大手や通販系のようなスピード感はありませんが、丁寧でしっかりとした対応は期待でき、大手よりも手厚いサポートを受けられるケースもあります。

示談交渉力

規模は小さいですが、老舗で野村のノウハウを駆使された示談交渉力には定評があります。顧客数があまり多くないからこそできる、粘り強い交渉は朝日火災の大きなメリットです。

保険金支払い能力

母体もしっかりしていて、保険金支払いもしっかりとした対応が期待できます。融通もききやすく支払いスピードに多少の難はありますが、大手よりやダイレクト系よりも優れている部分があります。

保険料金の安さ

保険料の安さよりも、サービスの質や代理店の営業によるマンパワーを売りにしています。決して割高という訳ではなく、代理店型として一般的な水準となっています。
年齢条件で高齢運転者不担保特約という独自の設定があり、この特約により35歳~69歳までの加入者の保険料の割引率が大きくなります。

総合評価

大手にない強みも持っていますが、ネット見積もりなどで比較する際には数ある損保会社の中からあえて朝日火災を選ぶメリットは少ないです。
身近に代理店の営業がいるなど、スタッフのマンパワーに価値がある保険会社といえるでしょう。

対物超過

長期契約

ロードサービス

ASAP加入者にはロードアシスタンスが自動セットされますが、PAPでは厳しい適応基準があります。
契約内容によってレッカーの距離が変わり緊急修理サービスを受けられないケースもあるので注意が必要です。

おすすめ特約

・対物超過特約
・車両新価特約
・車両地震特約

こんな人におすすめ

・代理店が身近にある方
・事故対応に早さよりも質を求める方

比較にお奨めな保険会社

・東京海上日動
・三井住友海上

代理店が近くにない方は、大手代理店型自動車保険と比較すると良いでしょう。

その他

代理店スタッフは火災保険や生命保険などを一括して扱っている事が多い傾向があります。

自動車保険を安くした方法

自動車保険を安くする方法を探していたところ、保険スクエアbang!の「自動車保険の無料一括見積り」を知りました。

私が利用したところ、この一括見積りサービスでは、車や自分の情報を入力するだけで(数分の入力作業)、最大19社から保険の見積りを取得することができます。もちろん無料です。

私もこのサービスを利用して、年間6.5万円の保険料を3.2万円にと、なんと3.3万円安くすることができました

>>自動車保険の一括見積もり

車を高く売る方法

車を売るときは、高く買い取ってくれる買取業者を探す事が必要です。

車の査定額は、買取業者によって数万円〜数十万円違ってくるので、できるだけ複数社から査定してもらう事が重要です。これを簡単に行えるのが「車の一括査定」です。

特に「車査定比較.com」がオススメ!
>>車を売るときの一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページの先頭へ