東京海上日動火災保険の評判・特徴 を独自に評価。 | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方
東京海上日動火災保険の評判・特徴 を独自に評価。 | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方

東京海上日動火災保険の評判・特徴 を独自に評価。

1879年に当時の三菱財閥に所属する会社として東京海上保険が設立されました。保険売上高はずっと業界1位を指定席とし、2004に日動火災海上保険と合併して現在の東京海上日動となりました。2010年には三井住友海上などをはじめとする、あいおい・ニッセイ同和の3社合併に伴うMS&ADの登場で保険料収入ベースでは業界2位となりましたが、単体では最大手の損保会社です。

最大手・高収入の保険会社として、大学生の就職では高い人気があり文系の人気就職先第1位になる事もよくあり、東京6大学など一流大学生の間でも高い人気があり、大学時代にスポーツで活躍していた人材も積極的に採用している傾向があります。日本の全企業の中でも選び抜かれた優秀な人材が集まる企業として高いマンパワーもある保険会社です。東京海上グループとして通販系ダイレクト自動車保険のイーデザイン損保があります。

東京海上日動火災保険の自動車保険を独自に評価

サービスプラン充実度 ★★★★☆
会社信頼度 ★★★★★
事故対応力 ★★★★★
示談交渉力 ★★★★★
保険支払い能力 ★★★☆☆
保険料金の安さ ★★★☆☆
総合評価 ★★★★☆
サービスプラン充実度

対物超過・車両新価・長期分割など人取りのサービスプランが揃っています。弁護士費用特約・入院時選べるアシスト・お車搬送時選べるアシスト この3点の特約を全面に売り出しています。
一般向けのトータルアシストと事業者向けのTAPの2種類を用意。こういったラインナップは他の大手代理店型損保会社のプランと同じですが、TAPに関しては、補償内容の組み合わせや種類が他の3大損保会社の事業向けと比べて、若干使い勝手が悪い傾向もあります。

会社信頼度

東京海上日動は現在はMS&ADに抜かれ業界2番手になったとはいえ、損保会社としてのブランド力は業界トップといえます。企業規模も大きく自動車保険が主力サービスとなっています。長年最大手として君臨してきた実績もあり、大きな不正のニュースもなく個人代理店の研修や教育も厳しいです。

優秀な人材が多く、各代理店へのフォロー体制が充実していて新車ディーラーを中心に代理店スタッフの東京海上の保険内容をしっかり理解している事が多く、マンパワーが強いのも東京海上の魅力です。

事故対応力

大手ならでの対応力と、スタッフの行き届いた教育で顧客満足度も非常に高いです。経験豊富なスタッフも多く、提携している弁護士・税理士・顧問医が多いのも特徴です。

示談交渉力

非常に高い示談交渉力があります。ベテランスタッフも多くずっと最大手に君臨してきたという東京海上のネームバリューも強く、安心して示談交渉を任せられる保険会社です。

保険金支払い能力

大手ゆえにシビアな面があります。実績も多い分適性な修理代金や保険金支払い相場を超える部分にはとても敏感で現車確認なども積極的に行っています。相手への賠償には出し惜しみせずにしっかりとした対応が期待できます。

保険料金の安さ

トータルアシスト・TAPともに保険料自体は安くありません。大手代理店型自動車保険と比べた時に同じ補償内容で保険料金が若干高くなる事もあります。細かい特約やサポートなども充実しているので値段ではなくてサービスの質で勝負しています。
決して法外に高いというわけではなく、一般的な相場水準の保険料となっていますが、大手ゆえに他社から標的にされる事も多く、東京海上に比べて少しだけ保険料が安くなるように料金設定している競合他社も多いです。

総合評価

長年最大手の損保会社として実績をあげてきただけの事はあり、サービスプラン・事故対応・示談交渉力など申し分ないです。長年、通販型ダイレクト自動車保険には消極的ですが時代の流れに押され2009年より東京海上グループのダイレクト保険「イーデザイン損保」もできました。

ネットの普及で自動車保険の価格重視の流れで長年東京海上を愛用していた方もイーデザイン損保への乗換するケースも多くなっています。今後イーデザイン損保と東京海上日動のサービスの区別化や顧客数の推移などに注目したいです。

対物超過

長期契約

ロードサービス

個人契約の全てにロードサービスが付帯されます。(法人・個人事業主の場合はオプション)
レッカーは一回15万円相当まで利用可能。JAF会員の場合は燃料切れガソリン配達サービスを1年に2回可能(非会員は年1回)となっております。
オプションでおくるま搬送時えらべる特約を推していますが他社では基本サービスとなっている部分もあります。

おすすめ特約

・対物超過特約
・車両新価特約
・個人賠償責任補償特約  (自転車事故・飼い犬が他人を噛む・ゴルフで他人にボールを当てる。などして怪我させた相手への賠償を補償します)

こんな人におすすめ

・信頼度の高い大手損保会社の自動車保険を利用したい方
・保険内容の相談から事故を起こした時など、さまざまな場面で対応が良い保険会社をお探しの方

比較にお奨めな保険会社

・イーデザイン損保   東京海上グループの通販系ダイレクト自動車保険
・三井住友海上     東京海上を抜いて業界最大手グループになった保険会社

その他

東京海上日動は現在も就職希望者が多い人気企業で他の損保会社よりも優秀な人材が集まっています。
それに波及して代理店対応の良さも大きな魅力となっています。

自動車保険を安くした方法

自動車保険を安くする方法を探していたところ、保険スクエアbang!の「自動車保険の無料一括見積り」を知りました。

私が利用したところ、この一括見積りサービスでは、車や自分の情報を入力するだけで(数分の入力作業)、最大19社から保険の見積りを取得することができます。もちろん無料です。

私もこのサービスを利用して、年間6.5万円の保険料を3.2万円にと、なんと3.3万円安くすることができました

>>自動車保険の一括見積もり

車を高く売る方法

車を売るときは、高く買い取ってくれる買取業者を探す事が必要です。

車の査定額は、買取業者によって数万円〜数十万円違ってくるので、できるだけ複数社から査定してもらう事が重要です。これを簡単に行えるのが「車の一括査定」です。

特に「車査定比較.com」がオススメ!
>>車を売るときの一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページの先頭へ