自損事故傷害保険とは? | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方
自損事故傷害保険とは? | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方

自損事故傷害保険とは?

自損事故傷害保険とは、被保険車両に搭乗している方に対して運転者の過失のみによって死傷した場合に補償される保険です。

自損事故傷害保険は原則自動付帯される

ほとんどの自動車保険は加入すると自損事故傷害保険は自動付帯されます。ただし人身傷害保険に加入した場合は重複して支払われませんので、人身傷害の補償内容に基づき補償されます。

搭乗者傷害に加入の場合は重複して保険金が支払われます。

自損事故傷害保険は運転者のみが対象

自損事故や過失が全てある場合の事故によって、死傷した場合は運転者以外の同乗者については自賠責保険から支払われますが、運転者自身は補償されません。

この同乗者であれば自賠責保険から補償されるが、運転者では補償されない部分をカバーするのが自損事故傷害保険となります。

自損事故傷害保険が支払われる場合

自損事故障害保険は、名称に「自損事故」と入っていますので単独事故のみの補償と勘違いされている方も多いですが、車同士の事故でも、過失が全て保険加入者側にあり、自賠責保険も相手の対人賠償保険も適応にならない場合は補償対象となります。

自損事故でも保険適応にならないケースも

自損事故傷害保険は自損事故であれば無条件で支払われるとは限りません。

無免許運転や飲酒運転では当然支払いはされず、地震や津波による災害も適応外となります。故意による事故や競技使用。もしくは競技の為の練習などによる事故の場合は補償されません。

搭乗者保険や人身傷害であれば、被保険車両に搭乗していたという事実があれば保険金を支払われる可能性が高いですが、自損事故傷害保険はこの基準が厳しいと言えます。

例えば、単独事故で少しだけガードレールや壁などに車をぶつけてしまったとします。この際の衝撃で首が痛いなどと言って通院しても、保険金が支払われる可能性は非常に低いのが現状です。

保険金が支払われる基準は同乗者がいる場合は、自賠責保険からの支払い対象となる事が対象となり、同乗者がいなく車に乗っているのが運転者のみの場合は、同乗者がいたと仮定した時に自賠責保険の適応対象になる事故と認められる必要があります。

ご自身や同乗者の死傷時の補償に不安がある場合は人身傷害と搭乗者傷害に加入する事をおすすめします。

自損事故傷害保険の補償内容

定額払いとなっているのが一般的で、死亡補償に関しては各保険会社補償金額が同じ水準となっています。

  • 死亡保険金
  •  1名に付き1,500万円

  • 後遺症保険金
  •  症状により50万円を下限に1,500万円~2,000万円を上限

  • 医療補償
  •  入院日額6,000円  通院日額4,000円  1名につき入院・通院の総額100万円を上限

  • その他特約
  •  保険会社によっては介護費用保険などプラスαの補償内容が適応されるケースもあります。

    自損事故傷害保険に対しての考え方

    原則は利用者保護という観点から自動付帯される最低限の補償内容です。交通事故による死亡や後遺症・怪我に対しての不安がある方は、人身傷害保険に加入するようにしましょう。自動付帯という事で自損事故傷害保険の存在自体を知らない人も多いのが現状です。

    大きな自損事故を起こした場合や過失割合が100%の事故を起こした場合に保険適応にならないと思い、保険会社への連絡・相談を怠ると損をする事があります。人身傷害に加入されていないケースでは、自損事故傷害が自動付帯されているという認識だけは持っておくようにしましょう。

    自動車保険を安くした方法

    自動車保険を安くする方法を探していたところ、保険スクエアbang!の「自動車保険の無料一括見積り」を知りました。

    私が利用したところ、この一括見積りサービスでは、車や自分の情報を入力するだけで(数分の入力作業)、最大19社から保険の見積りを取得することができます。もちろん無料です。

    私もこのサービスを利用して、年間6.5万円の保険料を3.2万円にと、なんと3.3万円安くすることができました

    >>自動車保険の一括見積もり

    車を高く売る方法

    車を売るときは、高く買い取ってくれる買取業者を探す事が必要です。

    車の査定額は、買取業者によって数万円〜数十万円違ってくるので、できるだけ複数社から査定してもらう事が重要です。これを簡単に行えるのが「車の一括査定」です。

    特に「車査定比較.com」がオススメ!
    >>車を売るときの一括査定

    コメントは受け付けていません。

    サブコンテンツ

    ページの先頭へ