事故の場合に車両保険が使えるケース | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方
事故の場合に車両保険が使えるケース | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方

事故の場合に車両保険が使えるケース

車両保険は事故で自分の車が損傷した場合、その修理のために利用することができます。
事故で車以外の物と衝突した場合や、他の車と衝突した場合、その修理費用を補填することができます。

事故で車両保険が支払われるケース

事故で他の車と衝突した場合には、一般車両保険、限定車両保険の両方で補償されます。

ただし注意点としては、相手車の登録番号等と、その運転者または所有者が確認が必要になります。確認できない場合には「当て逃げ」となり、限定車両保険では補償されません。

また、事故で車以外の物と衝突した場合、一般車両保険では補償されますが、限定車両保険では補償されません。

参考記事:車両保険は一般型にするか?限定型にするか?

事故の場合の車両保険の支払い例

では、他の車と衝突事故を起こした場合を例にとってみましょう。

他車と衝突事故をおこしてしまい、自分の車両の修理代が50万円だったとします。
なおこの際、事故の過失割合は50:50でした。

この場合、自分の車の修理代は相手から25万円支払われます。
さらに車両保険(一般でも限定でも)から、残りの25万円が支払われることになります

しかし、免責金額を設定していたらどうなるでしょうか?
これは免責金額が5万円、10万円であったとしても支払う必要はありません。

  • 修理代50万円 – 免責金額5万円 + 相手からの支払い25万円 = 70万円

自分の損害額が50万円であるので、超過している20万円を差し引いた50万円が実際の受取額となります。 免責金額を設定したからといって、必ずしも支払う必要はないのですね。

自動車保険を安くした方法

自動車保険を安くする方法を探していたところ、保険スクエアbang!の「自動車保険の無料一括見積り」を知りました。

私が利用したところ、この一括見積りサービスでは、車や自分の情報を入力するだけで(数分の入力作業)、最大19社から保険の見積りを取得することができます。もちろん無料です。

私もこのサービスを利用して、年間6.5万円の保険料を3.2万円にと、なんと3.3万円安くすることができました

>>自動車保険の一括見積もり

車を高く売る方法

車を売るときは、高く買い取ってくれる買取業者を探す事が必要です。

車の査定額は、買取業者によって数万円〜数十万円違ってくるので、できるだけ複数社から査定してもらう事が重要です。これを簡単に行えるのが「車の一括査定」です。

特に「車査定比較.com」がオススメ!
>>車を売るときの一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページの先頭へ