【30歳】ダイハツ・キャストスタイルの自動車保険の相場 | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方
【30歳】ダイハツ・キャストスタイルの自動車保険の相場 | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方

【30歳】ダイハツ・キャストスタイルの自動車保険の相場

30歳でダイハツ・キャストスタイルを所有している場合、自動車保険はいくらくらいになるのか?
ここでは、自動車保険一括見積もりサイトを利用して、以下の情報で相場を調べてみました。

30cast

申込者情報
等級 12等級
前年事故件数 0件
事故あり係数適用期間 0年
年齢 30歳
年齢条件 30歳以上
居住地域 鹿児島
運転者限定 本人限定
免許 ゴールド
使用目的 通勤・通学
年間走行距離 10,000km〜11,000km
保険期間 平成28年9月1日から1年間
車両情報
車種 キャストスタイル
初度登録 平成28年8月
型式 LA250S
保証内容
対人 無制限
対物 無制限
搭乗者障害 1,000万円
人身傷害 3,000万円
車両保険 あり(一般)
特約 弁護士費用特約、車両保険免ゼロ特約

申込条件のポイント

30代になると、独身の場合でも、友人と車で遊びに行く機会が少なくなる傾向があります。また将来を考えて経済性を重視する方も増えていきます。今回は30歳独身女性、通勤使用でダイハツのキャストに乗り換えた方の条件で、自動車保険の一括見積を取りました。

新車なので車両保険(一般)を付けて、等級も考慮して免責はなるべく付けないようにするとよいでしょう。独身なので人身傷害、搭乗者傷害は最低限の内容にしましたが、保険料が安い条件も揃っているので、希望条件に応じて補償を手厚くする事も検討しましょう。

使用目的は通勤・通学。年間走行距離は1万km〜1万1千kmなので、月間千km弱。週5回、往復35km前後の通勤と週末のレジャー使用を想定しています。

一括見積もり回答一覧

損保会社 保険料(一括時) 使用割引
チューリッヒ 43,260円 インターネット割引:7,000円
アクサダイレクト 48,950円 インターネット割引:10,000円
ソニー損保 51,040円 インターネット割引:8,000円
三井ダイレクト 53,480円 インターネット割引:5,000円
セゾン自動車火災保険 66,890円 インターネット割引:10,000円
証券不要割引:600円

年齢条件30歳以上、ゴールド免許割引が評価されて、チューリッヒとアクサダイレクトの外資系が安い見積結果でした。特にチューリッヒはアクサダイレクトより5千円ほど安い43,260円です。

外資系でも大手通販型自動車保険は事故対応力もしっかりしてますし、30代独身で軽自動車、ゴールド免許の条件であれば事故のリスクは低いので、保険料だけで保険会社を選んでも問題ありません

チューリッヒは30歳〜34歳の年齢条件が最も保険料が安い傾向があります。現時点ではこの先5年弱はチューリッヒに加入し続けても他社より安い可能性が高いですが、通販型自動車保険の保険料計算方法は頻繁に変わるので更新の度に一括見積を取っておくと、常に最安値の保険会社を探せます。

チューリッヒは事故を起こすと車両保険の受入拒否される場合があるので、事故を起こして保険を使用した場合は更新時に保険の見直しをしましょう。

キャストの特徴

キャストはダイハツの軽トールワゴンです。
クロスオーバーSUVのキャストアクティバ、レトロセダンをモチーフにしたキャストスタイル、スポーツチューニングをしたキャストスポーツの3つのシリーズ車種があります。キャストアクティバとキャストスポーツはテリオスキッドの後継、キャストスタイルはミラジーノの後継扱いになってます。

ダイハツの主力軽トールワゴンのムーブよりも、個性や走りを優先したい方のために作られた上級車種です。それぞれ違う個性を持たせ、合計13種類の豊富なカラーラインナップで自分だけのオンリーワンの1台を選べます。

最新のプロットフォームで高いボディー剛性を誇り、イースシステムの投入でグレードによってはカタログ燃費リッター30kmを超えてます。安全装備はスマートアシストの設定があり最新車種らしい充実度です。
価格設定は若干高めですが、ありきたりの軽自動車では物足りないという方から選ばれてます。

まとめ

ダイハツのキャストスタイルで自動車保険の一括見積サービス「ズバット」に申込しました。
30歳、12等級、通勤使用、ゴールド免許、車両保険(一般)の条件に設定した所、以下の見積回答がありました。

・チューリッヒ  43,260円
・アクサダイレクト 48,950円
・ソニー損保   51,040円
・三井ダイレクト 53,480円
・セゾン自動車火災保険  66,890円

ゴールド免許割引が大きく、30歳〜35歳の保険料が最も安いチューリッヒが最安値の見積回答でした。

自動車保険を安くした方法

自動車保険を安くする方法を探していたところ、保険スクエアbang!の「自動車保険の無料一括見積り」を知りました。

私が利用したところ、この一括見積りサービスでは、車や自分の情報を入力するだけで(数分の入力作業)、最大19社から保険の見積りを取得することができます。もちろん無料です。

私もこのサービスを利用して、年間6.5万円の保険料を3.2万円にと、なんと3.3万円安くすることができました

>>自動車保険の一括見積もり

車を高く売る方法

車を売るときは、高く買い取ってくれる買取業者を探す事が必要です。

車の査定額は、買取業者によって数万円〜数十万円違ってくるので、できるだけ複数社から査定してもらう事が重要です。これを簡単に行えるのが「車の一括査定」です。

特に「車査定比較.com」がオススメ!
>>車を売るときの一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページの先頭へ