自動車保険の保険請求の時効 | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方
自動車保険の保険請求の時効 | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方

自動車保険の保険請求の時効

自動車保険を年間2万円節約した体験談

bang01自動車保険は年間5〜10万円ほどかかる結構大きな出費です。私もレジャーくらいでしか使わない保険に年間10万円ほど払っていました。

なんとか安くできないかと色々と探していたところ、最近流行ってきている保険スクエアbang!の「自動車保険の無料一括見積り」を知りました。

私が利用したところ、この一括見積りサービスでは、車や自分の情報を入力するだけで(数分の入力作業)、最大20社から保険の見積りを取得することができます。もちろん無料です。

一部の保険会社の結果は、入力後すぐに結果が表示されました。しつこい営業の電話などもかかってこないので、安心して使うことも出来ます(メールは送られてくる事が多いのでフリーメールがおすすめ)。

私も実際にこのサービスを利用して保険料の一括見積もりを行い、22,110円も安い保険を見つけることが出来ました

●「自動車保険の一括見積もり」はこちらから
>>「保険スクエアbang!」で自動車保険の一括見積もり【無料】

自動車保険の保険金請求に関する消滅時効は、2010年施工の保険法により、3年となっています。また、これらの起算日については、保険約款上に定めた保険金請求権が発生した時の翌日からとなっています。

一般的な保険金請求の時効の考え方

補償項目 起算日
対人賠償対物賠償 加害者と被害者の間で和解、調停、書面による合意(示談)が成立した日の翌日(時効:起算日より3年)
人身傷害 ・死亡の場合:死亡した日の翌日
・後遺障害の場合:後遺障害が生じた日(症状固定)の翌日
・傷害の場合:平常な生活・業務に従事できるようになった日の翌日。傷害一時金の場合は治療日数が5日となった時、または治療が終了したときの翌日(時効:起算日より3年)
車両保険 損害が発生した日の翌日(時効:起算日より3年)

保険金の請求をし忘れるケースで多いのが、搭乗者傷害保険。相手がいる事故で相手が100%の過失であった場合、相手の保険会社から補償されるのは当然ですが、搭乗者傷害保険に加入していれば、相手からの補償に関係なく利用することができます。

その他にも知らないうちに加入していた特約などの請求漏れが意外と多く見られるようですので、事故にあったときは、自分が加入している保険でどの補償が対象になるのかを、その都度確認しておきましょう。

自動車保険を安くした方法

自動車保険を安くする方法を探していたところ、保険スクエアbang!の「自動車保険の無料一括見積り」を知りました。

私が利用したところ、この一括見積りサービスでは、車や自分の情報を入力するだけで(数分の入力作業)、最大19社から保険の見積りを取得することができます。もちろん無料です。

私もこのサービスを利用して、年間6.5万円の保険料を3.2万円にと、なんと3.3万円安くすることができました

>>自動車保険の一括見積もり

車を高く売る方法

車を売るときは、高く買い取ってくれる買取業者を探す事が必要です。

車の査定額は、買取業者によって数万円〜数十万円違ってくるので、できるだけ複数社から査定してもらう事が重要です。これを簡単に行えるのが「車の一括査定」です。

特に「車査定比較.com」がオススメ!
>>車を売るときの一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページの先頭へ