交通事故の人身事故と物損事故とは? | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方
交通事故の人身事故と物損事故とは? | 自動車保険のおすすめ情報|任意保険の相場や選び方

交通事故の人身事故と物損事故とは?

自動車保険を年間2万円節約した体験談

bang01自動車保険は年間5〜10万円ほどかかる結構大きな出費です。私もレジャーくらいでしか使わない保険に年間10万円ほど払っていました。

なんとか安くできないかと色々と探していたところ、最近流行ってきている保険スクエアbang!の「自動車保険の無料一括見積り」を知りました。

私が利用したところ、この一括見積りサービスでは、車や自分の情報を入力するだけで(数分の入力作業)、最大20社から保険の見積りを取得することができます。もちろん無料です。

一部の保険会社の結果は、入力後すぐに結果が表示されました。しつこい営業の電話などもかかってこないので、安心して使うことも出来ます(メールは送られてくる事が多いのでフリーメールがおすすめ)。

私も実際にこのサービスを利用して保険料の一括見積もりを行い、22,110円も安い保険を見つけることが出来ました

●「自動車保険の一括見積もり」はこちらから
>>「保険スクエアbang!」で自動車保険の一括見積もり【無料】

交通事故には大きく分けて「人身事故」と「物損事故」があります。

人身事故とは?

被害者側が怪我をした場合は人身事故となります。人身事故と認められる為には、医師の診断書と警察へ人身事故の届出を被害者側が提出する必要があります。

人身事故にした場合、被害者が傷害を負った事で生じる「慰謝料」や「休業補償」などの保険金を受け取る事が可能です。

1日通院した場合の慰謝料の目安は、8,400円(自賠責保険基準4,200円×2日)の慰謝料と、5,700円〜19,000円の(自賠責基準)の休業補償補償が支払われます。

加害者側は、人身事故を起こした場合は被害者の治療期間に応じて、免許の違反点数が加点されるなどのペナルティがあります。

物損事故とは?

被害者側の車両や、その他、家や施設の塀や外に保管していた財産が事故により破損された場合は物損事故となります。

車同士の事故で、被害者側が傷害(ケガ)を負った場合は人身事故と物損事故の両方が発生した事になりますが、保険業界では被害者が傷害を負った場合は、一括して人身事故と表現される事があります。

事故が原因で車やその他財産が破損した場合は、その修理費用もしくは、同等の商品を購入しなおす費用が補償されます。

慰謝料については、物損事故だけでは補償されず、車が破損して使えない期間の損害を生じる場合は、その期間のレンタカーの用意がされるなど、物損による損害を代用品で対処するという考え方があります。

被害者が店舗で、店舗に車が突っ込むなどの大きな損害などの場合は、店舗を休業させる期間の賠償補償が現金で行われる場合もあります。その費用は、そのお店のそれまでの平均売上等で算出されています。

自動車保険を安くした方法

自動車保険を安くする方法を探していたところ、保険スクエアbang!の「自動車保険の無料一括見積り」を知りました。

私が利用したところ、この一括見積りサービスでは、車や自分の情報を入力するだけで(数分の入力作業)、最大19社から保険の見積りを取得することができます。もちろん無料です。

私もこのサービスを利用して、年間6.5万円の保険料を3.2万円にと、なんと3.3万円安くすることができました

>>自動車保険の一括見積もり

車を高く売る方法

車を売るときは、高く買い取ってくれる買取業者を探す事が必要です。

車の査定額は、買取業者によって数万円〜数十万円違ってくるので、できるだけ複数社から査定してもらう事が重要です。これを簡単に行えるのが「車の一括査定」です。

特に「車査定比較.com」がオススメ!
>>車を売るときの一括査定

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

ページの先頭へ